スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

これからの、とりあえずの、軸

今までのこと、これからのこと
この考え事の、続きです。


私は、「本物」になりたい。
本物って何かっていうと、偽物や借物でないもののことだ。
セロニアス・モンクや、岡本太郎や、モーツァルトのことだ。

定義はすごく曖昧なのだけれど、音楽を聴いたり、小説を読んだりするとき、「本物か、そうでないか」を判別する。
借物の言葉ではないか。誤魔化しがないか。考えることをさぼっていないか。真摯か。切実か。
それを見て、ぽいぽいと二分する。
一度「本物ではない」と判断すると、その人の音楽はもう聴けない。小説も、読む気にならない。

なにがしたくないのか、考えていた。
何に絡め取られそうになっているのか。どうして、弾きたくなくなったのか。
偽物にされそうだったから、と考えるとしっくりきた。
具体的な定義や例はなく、その「偽物」「本物」という言葉自体が、自分の気分をよく表していた。

「偽物」や「借物」は、いっぱいいる。うじゃうじゃ溢れてる。
自称ミュージシャンの演る偽物。小説家志望の書く借物。
そういうものに慣れきって、本物とそうじゃないものの区別がつかないひとがいっぱいいることも、知ってる。
悪いことじゃない。好きなものを好きに楽しむのは。傷付かない範囲で表現するのは。オリジナルになろうとしないのは。
俺はそういうのは嫌だ、ってだけだ。

本物になるためにしなくちゃいけないことは知ってる。
本物に触れること。勉強すること。作品を作ること。
そういうことを死ぬほどやって、ようやく何者かになれる。
スポ根は好きだ。ジャンプも未だに毎週買ってる。
友情・努力・勝利で頑張りたい。いや、うぬぼれ・努力・運、だったか。

そして、本物を愛する人たちが、まだ世界にたくさんいるっていうことも、信じてる。
そういう人たちに、自分の音楽を、聴いてもらいたい。届けたい。
あなたたちに聴いてもらえるなら、きっと、なんだって出来る。





2014/05/20 05:33 | 自己紹介  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。