引越し完了

引越しが終わった。周防大島から札幌へ。
まー引越しっつーのはどたばたするもんなんだろうが、うん、ひたすらどったんばったんしていました。
家財の処分に、挨拶回り、荷造り等々。
最後にご近所さんに掃除やなんやかやを助けてもらってとても助かりました。引越しはマンパワーが必要なんだよな…。一軒家暮らしから部屋一つにするにはものすごく身を軽くしなくちゃならなくて、モノを減らすのにかなりの労力が必要だった。受け取ってくれたひとたち、ありがとう。自分が所有していると思っていたものでも、あちらそちらへ流転して居場所を変えていくのだなあと思い知ったよ。あの世に持ってけるのはこの身一つ、なんてね。


ああ。
終わったなあ。


なんて感慨、実は今はなくて。ふふ。
というのも、札幌行きの飛行機を乗り過ごした。
荷物も預け終わって、空港でラーメン食べて、お土産買って、出発の時間に間に合わなかった。
馬鹿だと思うでしょ?はい、馬鹿です、正真正銘。
多分過労と睡眠不足でおかしくなってたんだと思う。検査場に着いたのが出発の3分前で、検査の列に並ぼうとした時には係員さんがおれの名前を呼んでいた。飛行機に乗れないといった旨のことを告げられた。丁寧に。
重い荷物を持ってうろうろしていたので、というか「あとは飛行機さえ乗れば終わる!あとは実家で何日でも風呂入って寝てりゃ回復するだろ!」っていう見込みでスケジュールと体調を管理していたので、精神も身体もかなりぎりぎりで、いやそのことに自覚がなかったのだけど、終わってみるとそうだった。飛行機を逃したと思い知ったとき、もう本当に放心してしまった。途方にくれる気力もないというか。
その後いろいろあって、結局福岡に3泊もしてから札幌に向かうことになった。もうあんまり福岡には行きたくない。飛行機に乗れる自信がない。
実家に到着してすぐに荷物は着いて(出してから4~5日も経ってたので当然である)、引越しは終了となった。未だ段ボールに囲まれて生活している。一番の大荷物、グランドピアノは多分そろそろ着くであろう。そうなったらやっと部屋が作れる。なんの因果か、また畳の部屋でピアノを弾くことになった。そういう運命だと思ってごろごろする。

色々、やんなきゃいけないことはある。連絡とかしそびれてる。ごめん。
あるけど、とりあえず一息。
お疲れ様でした。
世話になったひとも。家も。おれ自身も。
いったん、おしまい。

今は、肩の荷がおりて、多少は気楽だ。
人生が楽しくなればいいと思う。笑って生きたいと願っている。
しばらく休んで、きっとそのうちがんばります。





2017/12/02 03:14 | 雑記  TOP

 | BLOG TOP |