作っている

ものを作らなければ、という時だけ、目が覚める。

音を録ろう、とする。
寝ぼけていたら、碌な音にならない。腑抜けている。
姿勢を正す。丹田を意識する。前を向く。力を抜く。目を見開く。
音がよく聴こえるようになる。
眼球の方まで行っている意識を、頭の真ん中の方に戻す。頑なな自意識を、引っ込める。
ピアノの前に座る。
画を、考える。表現したい風景、場面。
それを、正しく読み取る。自分の腹の中を探る。肚から音を出す。
録って聴く。聴き取る。姿勢の悪さも力の入り方も全部、音に出る。やり直す。
そのうちに、調子が上がっていく。ふっ、と腹の中身が持ち上がるような感覚がある。
聴く。違う人間が作ったものだと仮定した時に、良いものだ、と思えれば、次。
疲れたら、寝る。起きてまた弾く。

今日はよくお腹が減ったので、カレーを作った。にんにくと生姜をたっぷり摩り下ろして、玉ねぎと人参をみじん切りに、鶏肉はころころと。
辛口ルーに胡椒も足して、結構辛めのドライカレー風。うまい。カレー大好き。


こんな感じで、ただいま制作途中。
「親愛なる友人へ」という題名の、個人的なお手紙のような、CDです。
そういう言葉なら、話せると思ったのです。





2015/10/20 23:59 | 音楽活動  TOP

 | BLOG TOP |