M3、楽しかった

25日に行われたM3、出展して来ました!楽しかった!

前回は、ずっと自分のブースに貼り付いていたのだけれど、今回は会場を回って、色々見てきました。
みんなすごく楽しそうにしていて、こっちも楽しい。
大勢の人が、思い思い、色んなことをやってる。
同人音楽界隈って、活気あるんだなあ。
後で戦利品の感想を書こうかな、と思っています。

海とみかん出版にお越しくださった皆様、ありがとうございました。
お金を出して、買って下さる人がいるって、嬉しいことです。
よかったら、感想等、メールしてもらえると、ひゃっほーな感じです。
tanisatsuki@gmail.com

次は、4月24日(日)だそうで。
毎回これだけの規模のイベントを運営してくださっている準備会の方々には、頭が下がります。ありがとうございます。
アイデアだけなら5、6個あるので、がんがん作っていこうと思います。
次は、がっつり売るのが目標です。





2015/10/30 21:06 | 音楽活動  TOP

明日はM3です



PCが立ち上がらなくなって死ぬ思いをしましたが、私は元気です。
明日は待ちかねたM3の当日です。
東京流通センター、第一展示場 L-05xでお待ちしております。

M3 音系・メディアミックス同人即売会





2015/10/24 17:04 | 音楽活動  TOP

作っている

ものを作らなければ、という時だけ、目が覚める。

音を録ろう、とする。
寝ぼけていたら、碌な音にならない。腑抜けている。
姿勢を正す。丹田を意識する。前を向く。力を抜く。目を見開く。
音がよく聴こえるようになる。
眼球の方まで行っている意識を、頭の真ん中の方に戻す。頑なな自意識を、引っ込める。
ピアノの前に座る。
画を、考える。表現したい風景、場面。
それを、正しく読み取る。自分の腹の中を探る。肚から音を出す。
録って聴く。聴き取る。姿勢の悪さも力の入り方も全部、音に出る。やり直す。
そのうちに、調子が上がっていく。ふっ、と腹の中身が持ち上がるような感覚がある。
聴く。違う人間が作ったものだと仮定した時に、良いものだ、と思えれば、次。
疲れたら、寝る。起きてまた弾く。

今日はよくお腹が減ったので、カレーを作った。にんにくと生姜をたっぷり摩り下ろして、玉ねぎと人参をみじん切りに、鶏肉はころころと。
辛口ルーに胡椒も足して、結構辛めのドライカレー風。うまい。カレー大好き。


こんな感じで、ただいま制作途中。
「親愛なる友人へ」という題名の、個人的なお手紙のような、CDです。
そういう言葉なら、話せると思ったのです。





2015/10/20 23:59 | 音楽活動  TOP

今のこと

北海道にいる。7月の下旬から。
ちょっと、擦り切れすぎてしまった。
とても疲れた。
色々なことに向き合えていないので、二ヶ月経った今でも、身体が重い。
迷惑をかけている皆様には、本当に申し訳ない。
facebookが、怖くて未だに開けないのだ。

ここに来た当初は、首が落ちるビジョンをよく見た。
白昼夢というか、身体感覚というか、無意識の妄想のようなもので、基本的に身体を切ったり刺したりするものが多い…こういうのは、昔からよくあって、私はビジョンと呼んでいる…のだが、精神状態が悪いほど、自傷の程度が上がってゆく。
スパン!と刃物で首を切断されて、ごとりと落ちる。元の首があった位置に視界があり、落ちて転がった自分の頭と目が合う。
ああまずいな、と思う。まずいな、死にたいんだな、どうにかしないと死ぬな、という気持ち。自殺するつもりはないのだが、手持ちのカードの中に「死ぬ」が含まれているので、結構、ひやひやする。「何があっても死なない」と言い切れるわけじゃない。
それが多分二週間位で収まり、今度は崖っぷちになった。
半畳もない崖…それが最早崖なのかわからないけれど、一歩踏み出したら奈落の底に落ちるような崖。他は全て暗闇。ベタだな。そこに立っている。とても怖い。
それも、だいぶ良くなり、最近だと崖がパンに変化した。パンを踏んだ俺は奈落の底まで落ちてゆく。「パンを踏んだ娘」というやつだ。…なんだ、落ちちゃったじゃん。

とりあえず、料理を作っている。
食べて、回復を試みている。
ある程度は回復したと思う。時間と気晴らしによって。
でも、一番やらなくてはいけないのは、向き合うことだ。
謝ることと、考えることと、動くこと。
そういうことが、そろそろ出来そうな気も、しなくもないです。
これからどうするかとか、そういう話は一旦置いておいて、するべきことを、ひとつずつやろうと思います。
よろしく、お願いします。





2015/10/07 05:14 | 雑記  TOP

 | BLOG TOP |